ご利用手続き・流れ

ご利用手続き・流れ

障がい児福祉サービス利用の流れ

「きっずでい おむすび」などの障害福祉サービスや障害児通所支援をご利用になられる場合は、以下の手続きが必要となります。


  1. サービス利用申請
    サービス等利用計画についての説明を行います。
  2. 認定調査
  3. 相談支援事業所と契約
    サービス等利用計画を作成できる事業所と契約を行います。
  4. 障害支援区分の認定
  5. サービス等利用計画案の提出
    障がい福祉課に相談支援事業所が計画案を提出します。
  6. サービスの支給決定
    サービスの種類や量が決まります。
  7. 受給者証交付
    障がい福祉課からご本人へ郵送します。
  8. サービス提供事業所と契約
    サービス利用開始
  9. モニタリング
    相談支援事業所の相談支援専門員(サービス等利用計画を作る人)が定期的にサービスを有効に利用できているか確認します。
  10. サービス利用の継続

ご利用までの流れ

きっずでい おむすびのご利用は、以下のような流れとなります。

  1. お電話でのお問い合わせ
  2. きっずでい おむすびの見学・体験
  3. 施設利用の契約手続き
  4. ご利用開始

サービス利用対象者

発達に心配のあるお子様(就学前 2~6歳)
※2歳以下のお子様のご利用希望については、 母親との愛着形成を行う大切な時期になりますので、見学の際にご相談ください。


サービスを利用した際の費用

障がい児福祉サービスを利用した場合、原則として個人の負担はサービス利用料の1割となっています。また、世帯所得に応じて負担する上限月額が設定されていますので、それ以上の負担がかからない仕組みとなっています。
サービス利用料以外では、きっずでい おむすびの場合、昼食料金として1日あたり350円、おやつ代として50円の利用料金を頂いております。

【障がい児の利用負担】

区分世帯の収入負担上限額
(月額)
生活保護生活保護を受給している世帯の人0円
低所得市町村民税非課税世帯の人0円
一般世帯所得が概ね890万円未満の世帯の人通所施設、ホームヘルプ利用の場合4,600円
入所施設利用の場合9,300円
世帯所得が概ね890万円以上の世帯の人37,200円

【参考サイト】厚生労働省ホームページ「障害者福祉:障害児の利用者負担」


お支払い方法について

きっずでい おむすびでは、事業所に直接の支払いをお願いしております。


サービス等利用計画とは

お子様の療育などこれからのご希望をお聞きし、現在の状況をふまえて作る計画です。福祉、保健、医療、教育、仕事、住まいなどの総合的な視点から、お子様らしくいきいきとした生活を送るために作成する、お子様のための計画です。(介護保険でいうケアプランと同じようなもの)
また、その後サービスを有効にご活用いただけているか定期的に確認し、計画を見直して(モニタリング)いきます。

サービス等利用計画は、相談支援事業所の相談支援専門員が作ります。
計画作成やモニタリングは無料となっています。

見学・無料体験受付中 ご利用にあたってのご質問、施設見学等は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。